igi/Tumblr

もう一つは、「孤独のグルメファンは行儀がいい」ということだ。ここで7月24日に発売された「『孤独のグルメ』巡礼ガイド」内の原作者インタビューを引用しよう。

「夫婦で営業してるんで、急にたくさんのお客さんが来ちゃうとさばききれない。なので、お客さんには看板メニューの釜めしは「2時間もかかりますよ」って言ったら、みんな「待ちます」っておとなしく待ってくれたらしい。しかも誰かが片付けを自分で始めたら、みんなが後に続いてやってくれたんだって。「もう涙が出るようだった」って言ってましたね」

まるっきり、お店の事情がよくわかっている「常連」としての振る舞いだ。

この理由についても、前述のインタビュー内で久住はこう語っている。

「シーズン3までやってその理由がやっとわかったんだけど、どうやら五郎が静かな客だかららしい。『孤独のグルメ』のファンは、井之頭五郎になりきって食べるから、みんな騒がないんだよね」

— 「孤独のグルメ」は常連客をつくるドラマ - エキレビ!(1/2)

ミュージシャンのエコ活動といえば、ファンからの贈り物が入れられていた紙袋をずっと捨てられずに溜め続けた結果、とうとう保管できなくなったため、最終的に自分のライブでの物販にてお買い上げ頂いたグッズを入れる袋に再利用していた、デーモン小暮閣下にかなうものはないと思っています。

— Twitter / kusateru (via tkr)

Older →