igi/Tumblr

ロシア人の男で出張に行って浮気しなかったのはガガ-リンだけだ。

— j-commu-01 (via iterwtt) (via vevev) (via fukumatsu) (via theemitter) (via yaruo) (via gkojax) (via ljmp) (via jinakanishi)
2009-09-13 (via gkojax-text) (via gkojax) (via writerman-js) (via tra249) (via zanpei) (via yellowblog, iterwtt-deactivated20110922) (via ibi-s) (via nun156848) (via syonbori) (via ycums) (via rosarosa-over100notes) (via gkojax) (via jumitaka) (via precall) (via slay-t) (via zaiga) (via highspeedturbine) (via dokuroou) (via zenigata)

--新章「48日後…」の1話では、明が丸太を持って登場しました。ズバリ狙いは?

 明は雅との死闘において脚を悪くしています。そのため、長い旅路では寄りかかれる杖があった方が楽なんです。杖にしては少し太すぎるきらいはありますが、そこは「彼岸島」ですからご理解いただければ助かります。

— マンガ質問状:「彼岸島」 新章の展開も「お先まっくら」 丸太の意味は…… - MANTANWEB(まんたんウェブ) (via katoyuu)

あの頃は「知の共有」「集合知」「シェア」「建設的な議論」「発想のパラダイムシフト」みたいなネットが掲げた理想を追求しようとする人々が情報発信をしていたように思います。実名じゃなかったけど、「○○ブログの人」みたいな感じで信頼感はあった。だからこそ、あの時代にイケダさんが今回のような提案をしたら納得できたかもしれない。いや、「パクリ」なんて言葉は使いませんよ。「みんなで回覧してちょっと意見頂戴よ」「オレのネタ使っていいから、あなたのネタも使わせてね」という感じでしょうか。

そして、各人が自分のブログの評判という「失うもの」を持っていたから露骨なパクリはまかり通らなかったし、村社会だったから「常識の範囲の引用」を心がけていた。しかしながらネットは2007年ぐらいからはそんな崇高な理念など持っていない人々の遊び場になり、無法地帯となった。さらには、ネットでカネを稼げることが分かってきた! これがデカい。

ヨッピーさん言うところの「通り魔がウヨウヨ徘徊」状態になったのでした。

— コンテンツパクるの何が悪いの? の問題提起 2000年代中盤だったらまだ納得されていたかもしれない - 僕と花子のルンルン生活だヨ! (via katoyuu)

Older →